住まいづくりとお金

HOUSING GUIDE

住まいづくりとお金の話

住まいづくりで、多くの方が気になるのは「お金」のこと。
“人生最大のお買い物”と言われるほど大きな金額ですから、不安も大きいでしょうし、
絶対に失敗したくないとお考えの方も多いでしょう。

熊本の住宅メーカーである私たち新産住拓は、「住まいのプロ」だけでなく「お金のプロ」でもあります。
失敗しない住まいづくりの第1歩は、無理のない資金計画を組み立てることと考えているからです。
私たちのこれまでの経験をもとに、「住まいとお金」のポイントをお伝えします。

住まいのお金で失敗しない!
4つのポイント

POINT01

まずは、「住まいとお金」の全体像を知りましょう。

まず「住まいづくりの予算は、どのように用意するのか」
「住まいづくりには、どのような費用が発生するのか」を、下の表で確認しましょう。

住まいづくりの予算

自己資金
ご自身の預貯金・親からの援助など
補助金・税金優遇
すまい給付金・ゼロエネルギーハウス補助金など

※地域・時期により制度が異なります

住宅ローン
銀行・金融機関からの融資

住まいづくりの費用

建築費用
住まいを建てるための工事費
土地費用
土地を購入するための費用

※土地をお持ちの方は不要

諸費用
各種手続きの手数料・税金など
POINT02

住まいづくりの予算は、補助金・減税制度を上手に活用しましょう。

住まいづくりの予算は、主に自己資金と住宅ローンで準備しますが、
意外に見落としがちなのが、国や自治体が用意している減税・補助金の制度。
上手に活用することで、ゆとりのある資金計画も可能です。

住まいづくりの予算

自己資金 ご自分の預貯金 万が一に備えてお手元に残すお金も考慮しながら、
住まいづくりにご用意できる金額を検討しましょう。
親などの援助 ご両親などから資金援助を受ける場合は、その金額も自己資金に含めましょう。
住まいづくりのための贈与は、贈与税が最大3,000万円(※)まで非課税になるなど、
税金面でのメリットもあります。
※:2019年4月1日~2020年3月31日にご契約の場合
補助金・
税金優遇
すまい給付金 国・自治体は、住まいづくりを行う方に対し、
さまざまな補助金・減税制度を用意しています。
上手に活用し、資金計画に組み込みましょう。
※利用できる制度は、時期・地域・建築内容などにより異なります
ゼロエネルギーハウス補助金
投資型減税
各種税金の減免
自治体ごとの補助金 など
住宅ローン 借入額 住まいづくり後の生活費・お子様の教育費・老後資金などを
考慮しながら、借入額を検討しましょう。
賃貸にお住まいの場合、現状の家賃だけを基準にせず、
1からマネープランをお考えになる方が良いでしょう。
また、住宅ローンの商品タイプ・金利・借入期間によっても、
毎月の返済金額・返済計画は大きく変わります。
住宅ローン控除
(所得税・住民税の減税)
住宅ローンを利用すると、最大500万円の減税(※)を受けることができます。
減税額が大きいため、住まいづくりの予算にも大きく影響します。
ご自分の減税額をシミュレーションしておきましょう。
※2014年1月1日~2021年12月31日に居住した場合
POINT03

住まいづくりの費用は、「総額」を意識しましょう。

住まいづくりでいちばん大きな費用は、「本体工事費」と呼ばれる、住まいそのものの建築費です。
しかし、住まいづくりには、その他にも様々な費用が発生します。
この点を見落としていると、思わぬ予算オーバーを招くことも…。
住まいづくりにかかる費用をあらかじめ把握し、「総額でいくら必要か」を意識すれば、
予算オーバーのリスクはぐっと下がります。

住まいづくりの費用

建築費用 ●本体工事費
●付帯工事費
・ライフライン工事費(電気・水道・ガスなどの引き込み)
・造成工事費(整地・擁壁の設置など)
・地盤補強工事費(地盤調査の結果により必要)
・解体工事費(建て替えなどの場合)
・内装工事費(照明・カーテンなど)
・外構工事費(駐車スペース・植栽・門など)
土地費用 ●土地代金
●不動産会社などへの仲介手数料
(土地代金×3%+60,000円+消費税)
諸費用 ●建物に関する費用
・法律で定められた申請・検査費(建築確認申請・竣工検査など)
・地盤調査費
・水道利用にかかる負担金
●登記(土地・建物の権利を保護する手続き)の費用
・登録免許税(手続きに必要な税金)
・手続きを行う司法書士・土地家屋調査士への手数料
●住宅ローンの費用
・保証料
・保険料(火災保険・生命保険への加入が求められる場合)
・金融機関への手数料
●各種税金
・印紙税(各種契約書に貼付する収入印紙)
・不動産取得税(土地・建物の取得時に課税)
・消費税
●仮住まい費用(建て替えの場合)
●引っ越し費用
●家具・家電などの購入費用

※必要な費用の種類・金額は、お客様により異なります

POINT04

住まいづくりを思い立ったら、まず「お金のこと」を相談しましょう。

ここまでお読みいただいて「難しいな…」「自分にできるか不安だな…」とお考えの方もいらっしゃると思います。
実際、「住まいとお金」の問題は、答えを見つけるのが難しいもの。
お客様によって最適のプランが異なるのはもちろんのこと、同じお客様でも、
時期によって選ぶべきプランが変わることがあるのです。

しかし、安心して住まいづくりを進めるためには、
この問題を早めに解決することが、とても大切です。
後回しにすると、不安が消えないだけでなく、
計画途中の予算オーバーを招く原因にもなってしまいます。

そこで、気になる住宅会社・信頼できる担当者を見つけたら、
最初にお金のことを相談し、疑問や不安を解消することをオススメします。
理想の住まいを無理のない予算で実現するためのプランを、
いっしょに考えてもらいましょう。

いちばん気になる、いちばん不安なところだからこそ、
いちばん最初に解決したいものです。

新産住拓が、
無理のない資金計画づくりを
お手伝いします。

新産住拓は、これまで熊本県内で
累計5,000棟以上の住まいを
手掛けてまいりました。
もちろん、多くのお客様の資金計画も
お手伝いさせていただいています。
豊富な実績をもとに、
お客様のマネープランもお手伝いいたします。

まずは、セミナーで学びましょう。

新産住拓では、お金のことや住まいづくりの基礎知識が学べるセミナーを、毎月開催しています。
住宅業界の専門紙で連載を持つプロの講師をお招きし、
資金計画・住宅ローン・補助金制度などお金の話はもちろん、
間取りの考え方・住宅会社の選び方に至るまで、
ポイントを分かりやすく解説していただきます。

参加者アンケートでも毎回大好評のセミナー、ぜひご参加ください。

県内各地のモデルハウスでご相談ください。

熊本県内各地の新産住拓モデルハウスで、「住まいとお金」のご相談を受け付けています。
資金相談の国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士(FP)」を持つスタッフが多数在籍し、
無理のない資金計画をお手伝いします。

モデルハウスでは、新産住拓の「てまひまかけた木の住まい」もご体感いただけます。
資金計画だけでなく、住まいづくりのヒントも、ぜひ見つけてください。

モデルハウスにお越しいただく際は、事前のご予約をオススメします。
その際、ご質問・ご相談をお知らせいただければ、
お客様に合わせた情報をご用意いたします。