熊本で注文住宅・新築一戸建ての家を建てる「新産住拓」

持続可能な開発目標(SDGs)世界を買えるための17の目標

2030年に向けて世界が合意した
「持続可能な開発目標」です

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残されない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自信が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

  1. 1:貧困をなくそう
  2. 2:飢餓をゼロに
  3. 3:すべての人に健康と福祉を
  4. 4:質の高い教育をみんなに
  5. 5:ジェンダー平等を実現しよう
  6. 6:安全な水とトイレを世界中に
  7. 7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 8:働きがいも経済成長も
  9. 9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 10:人や国の不平等をなくそう
  11. 11:住み続けられるまちづくりを
  12. 12:つくる責任つかう責任
  13. 13:気候変動に具体的な対策を
  14. 14:海の豊かさを守ろう
  15. 15:陸の豊かさも守ろう
  16. 16:平和と公正をすべての人に
  17. 17:パートナーシップで目標を達成しよう
  18. 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

SDGsへ向けて
新産住拓の取り組み

  1. 7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  2. 11:住み続けられるまちづくりを

次世代につなぐ住まい

将来的なエネルギーコストの上昇、建物老朽化のリスクに備えた住宅を提供します

省エネ・創エネ住宅の普及により、
エネルギー格差のない脱炭素社会の実現へ

気候変動対策などを背景に上昇が懸念されるエネルギーコストに備えて、将来にエネルギー貧困を作らないために新築においてはZEH・LCCM住宅等に、既築については断熱改修(リノベーション)の普及に取り組んでいる。2020年度のZEH普及率は70%を目標としている。

→「未来を先取り。新産住拓のZEH」
  • 新産住拓のZEH達成率
  • LCCM住宅認定書

資産価値の下がらない永く暮らせる住まい

最高等級取得
耐久性 メンテナンス性
耐震性 断熱性

全棟、長期優良住宅認定取得により、住宅の長寿命化を推進している。
耐震性、耐久性、メンテナンス性、断熱性に関しては、長期優良住宅認定条件の最高等級を取得している。

→「『長期優良住宅』が標準仕様」
最高等級取得
耐久性 メンテナンス性
耐震性 断熱性

  1. 11:住み続けられるまちづくりを

次世代につなぐまちづくり

住環境をより快適且つ、
豊かなものとなりますように
住宅以外の分野でも
これまで培ったノウハウで貢献して参ります

まちづくりに魅力的なデザインを

遊休地等の土地活用の提案を行い、魅力的なまちづくりを目指す。

土地活用提案Land usage

お客様の保有している土地の活用方法を提案します。

デザイン提案Design

専用住宅以外の建築に取り組みます。
グッドデザイン賞を13作品受賞してきた提案力を活かしていきます。

リノベーション提案Renovation

空家・倉庫・空き店舗等の改装を行い、
魅力的な空間への再活用を行います。


実例集
  1. レストラン
    レストラン
  2. 歯科クリニック
    歯科クリニック
  3. スポーツジム
    スポーツジム
  4. 事務所
    事務所

→「まちづくり事業部」
  1. 3:すべての人に健康と福祉を
  2. 9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  3. 12:つくる責任つかう責任

いつも安心・快適な住まい1

徹底的なシックハウス対策による
キレイな空気環境と最高レベルの耐震性能で、
家族を守ります

赤ちゃん基準の空気環境で、
誰もが健康的に暮らせる住まいを届ける

住まいの空気中のホルムアルデヒド

モデル住宅などにおける室内空気室測定(国が定めるVOC6物質)により安全性を確認し、徹底的なシックハウス対策を実施している。
目指すのは、国際基準よりも厳しい「0.01ppm未満」。
本件取り組みは2008年頃から実施しており全国的にも先駆けとなった。

→「住まいの空気質-基準は赤ちゃん®-」

  • 無垢の一枚板

    見えない構造部分にも化学物質を含まない無垢の一枚板を使用

  • 床の仕上げ材はエゴマ油

    床の仕上げ材には木の呼吸を妨げないエゴマ油を使用

  • 有機栽培・無着色のイ草で作った畳

    有機栽培・無着色・無染土のイ草で作った畳

  • 有ACQ加圧注入防腐・防蟻処理

    安全性の高い「ACQ加圧注入防腐・防蟻処理」を行い、化学物質の飛散を抑える


  1. 3:すべての人に健康と福祉を
  2. 9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  3. 12:つくる責任つかう責任

いつも安心・快適な住まい2

徹底的なシックハウス対策によるキレイな空気環境と最高レベルの耐震性能で、家族を守ります

万が一の災害時でも、
住まう人にとって一番安心の場所であること

レジリエントな社会形成のために建築する住宅の耐震性を全棟等級3としている。
熊本地震の震源地近傍の弊社の住宅は被害が軽微であり、減災への有効性が確認された。合わせて、ZEHの推進により、万一の大災害時でも温熱環境の維持とエネルギー自立を担保している。

→「熊本地震で倒壊・瓦の崩落ゼロ、自然災害に強い住まい。」
新産住拓の標準仕様は「耐震等級3」の最高レベル

「熊本の木の家」

新産住拓は、これまで13作品のグッドデザイン賞を受賞し、これからも熊本の気候風土を熟知し、地域材を積極的に活用した「くまもとの木の家」の普及に取り組む。

→「グッドデザイン賞受賞。2010年度より13作品」

2010年〜2018年 熊本の住宅会社における受賞数

熊本の住宅会社における受賞数
グッドデザイン賞受賞−熊本の木の家−
  1. 新産住拓のグッドデザイン賞受賞作品
  2. 新産住拓のグッドデザイン賞受賞作品
  3. 新産住拓のグッドデザイン賞受賞作品
  1. 新産住拓のグッドデザイン賞受賞作品
  2. 新産住拓のグッドデザイン賞受賞作品
  3. 新産住拓のグッドデザイン賞受賞作品
  4. 新産住拓のグッドデザイン賞受賞作品
  1. 13:気候変動に具体的な対策を
  2. 15:陸の豊かさも守ろう

豊かな緑を守る住まいづくり

厳選素材にこだわり、緑の循環を実現します
脱炭素社会の実現に向け、
高い環境目標にチャレンジし続けます

地産地消の住まいづくりで自然を守る

SGEC「緑の循環」

建築用材としての木材の調達において、原木については持続可能な森林経営が行われていることを第三者認証しているSGEC認証材を積極的に取り組み、循環型社会の実現へ向けて取り組んでいる。
新産住拓が使用する主要構造材は、“国産材100%”。

→「SGEC森林認証制度-環境にやさしく、安全、安心-」

「森林を守る」取り組み

  1. 林野庁「木づかい運動」表彰第1号
    林野庁「木づかい運動」

    県産材の利用やPRに貢献したとして、平成18年1月、林野庁の「木づかい運動」の表彰第1号に選ばれた。

  2. 熊本県球磨郡あさぎり町の国有林に
    林野庁「木づかい運動」

    国の森林政策に協賛し、球磨郡あさぎり町の国有林10haにスギやヒノキ、ケヤキ、山桜、山栗等、4万本(平成17年~平成24年累計)を植林。

  3. 「山へ行こうツアー」
    林野庁「木づかい運動」

    住まいづくりを通して、森林の大切さや地球環境のことについて、実際に山の木々とふれあい、体験してもらうイベントを年に2度、実施。


  1. 17:パートナーシップで目標を達成しよう

トップランナーとしての責務

環境建築のトップランナーとして、
私達のノウハウを共有し、
環境保全へ取り組みます

九州から日本の住まいを変えていく

一般社団法人ZEH推進協議会に所属し、全国の地域ビルダーのパートナーシップ(2018年度現在230社)でZEHの普及と同時にSDGsの目標7「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」へ取り組む。

被災地への復興支援を

新産グループでは、瓦葺技能士の資格を有した高いレベルの技術者集団が中心となって、復興支援に関わっている。
熊本県産材を利用し、且つ「省エネ性・健康性・防災性」を兼ね備えた地域型先導的モデルの普及を目指し、一日も早い震災復興が実現するように努めている。

  1. 4:質の高い教育をみんなに
  2. 5:ジェンダー平等を実現しよう
  3. 8:働きがいも経済成長も

プロフェッショナリズムの追求

働きやすい環境で常に学び続けることで、
プロとして社会に貢献する人材を輩出します

“学ぶ社風”で社員の自己実現支援を

会社として社員に対して教育研修の機を多様かつ豊富に設けている。
その結果、社員総数126名のうち建築士35名、宅地建物取引士29名、施工管理技士9名、インテリアコーディネーター9名、住宅医5名、FP2級16名、エコ検定96名、CASBEE評価員4名を有する。その多くは、サステナブルな社会構築のために資する知見を有する。
会社として、社員1人1人の挑戦、やりがい、成長を支援し、地域社会に貢献している。

  1. 新産住拓スタッフ
  2. 新産住拓スタッフ
  3. 新産住拓スタッフ
  4. 新産住拓スタッフ
  5. 新産住拓スタッフ
  6. 新産住拓スタッフ
  7. 新産住拓スタッフ
  8. 新産住拓スタッフ
  9. 新産住拓スタッフ
  10. 新産住拓スタッフ

誰もが働きやすい職場環境へ

女性社員比率は約4割に上る。女性の就業機会を男平等にしている。また、産休制度や育休制度、介護休暇制度の確立等、様々なライフスタイルに合わせた働き方を受け入れる体制を整えている。
その他にも、障がい者雇用の機会も設けるよう努めている。どんな人でも働きがいを感じてもらえるような会社を目指している。

新産住拓は、環境建築のトップランナーとして、
住まいづくりを通して、
SDGs(持続可能な開発目標)を積極的に推進し、
社会の持続的発展に貢献していきます。