会社概要

COMPANY

代表挨拶

新産住拓という社名には企業の使命感が込められています。

1964年(昭和39年)4月、熊本県は「新産業都市建設地域」に指定された喜びに沸き立っていました。
このプロジェクトは、人口・産業の大都市集中を是正するため、地方に中核となる新産業都市の建設を促進しようという施策です。指定されると工場用地や産業道路の建設、企業誘致が促進されるなど、色々な優遇措置が講じられます。県民は大きな期待と夢を抱きました。
時を同じくして創業した当社は、民間の立場から人々の生活の基盤の一つである、「住まいづくり」「街づくり」を通して、郷土の発展に貢献することを誓い、社名の冠に「新産」と名付けたものです。

宅地の分譲からスタートした当社は、1973年(昭和48年)に「住まい拓く」を企業使命感に掲げ住宅部門である、「新産住拓」を設立しました。
「住拓」とは「住まいを拓く」という当社の企業使命感が集約された造語です。
私たちは人が快適な生活をおくるために「住まい」はいかにあるべきかを永遠のテーマとして研究と創造を続けています。
「人」が「主(あるじ)」と書いて「住まい」と読みます。文字通り住む人が主役でなければ「住まい」とはなりません。新産住拓の「住まいづくり」は建築物としての住宅だけでなく、住む人に安心と快適、さらには満足を提供できる「住まいづくり」でありたいと考えています。「拓」の一文字には「お客様にとって最良の住まいとは何か」を常に探求し、開拓し続けたいという想いが込められています。

お客様の幸せを願い、挑戦・取り組んできたことの一つに自社プレカット工場の設立・稼働(現在の多良木プレカット協同組合)があります。それに伴い、木材流通産直システムの構築、これにより天然乾燥した地域の木材を近くの製材所で製材、近くの商圏へ良いものを適正価格でお届けすることが可能になりました。
なぜ当社が天然乾燥にこだわるのか、天然乾燥した木材は香りや木肌の艶、美しい色を保ち強度劣化が少なく、太陽と風の自然エネルギーにより化石燃料、Co2を削減しています。
又、木材の地産地消として、2005年から森林が適正に管理されていることを証明する、SGEC森林認証制度の地域材を使用。持続可能な森林管理により、生物多様性に富み、水と土壌を守る環境保全につなげる活動を、住まいづくりを通して行っています。
天然乾燥材はお客様のお住まいになるまで、原木から約半年~2年の歳月を要しますので年間の供給量には限りがあります。しかし私たちは地産地消、「くまもとの住まいはくまもとの木で」にこだわっています。

1995年、阪神淡路大震災を教訓に全棟地盤調査、独自の耐震設計など「地震に強い住まいづくり」への取り組みを強化しました。21年後の熊本地震で、当社施工の住まいが地震の揺れによる倒壊が1棟もなかったのは、この取り組みもありましたが、それにもまして、今まで携わっていただいた施工パートナーの方、先輩社員の方の努力、妥協を許さない住まいづくりの姿勢であったと感謝しています。
その他、合板を使わない、自然素材を多用した赤ちゃんにもやさしいきれいな空気質の住まいを実現しました。

2008年には長期優良住宅の認定を受け、現在は全棟認定取得を標準としています。
日本住宅性能の表示基準、4項目で最高等級を取得しており、地球環境保全の立場から造っては壊す時代ではなく、いいものをきちんと手入れして長く住むという長期優良住宅は税制面、住宅ローンでも優遇措置があります。今後はZEHへの取り組みで更に大幅な省エネの住まい実現を目指します。

お住まいはお引渡して終わりではなく、そこから末永いお付き合いが始まります。
「家守り」として皆様のご要望にお応えすべく、アフターサービス、リフォーム部門共に人員を増員、リフォーム部門は、従来のリフォームと共に、お住まいをより快適に過ごしていただくために、劣化対策や省エネルギー対策など考慮すべき項目を診て適切に判断する高い技術と知識を持つ「住宅医」が、性能向上を目的としたリノベーションのご相談にも応じています。
アフターサービス部門は、皆様からいつでもご連絡を受けられるよう、24時間、365日体制で受け付けております。

平成から新しい年号へー
新産住拓はこの年、創業55周年。「企業の目的はお客様のご要望にお応えするために、存続しなければならない」と言われています。いかに存続するか、それは企業の存在価値が重要です。存在価値はお客様が決めるもので、新産住拓があってよかった、なくてはならない、と評価、ご支援をいただくことにほかなりません。
継承してきた存在価値に時代の求める付加価値を加えながら、経営理念である、「会社はお客様のためにある」「住まいづくりを通して地域社会に貢献する」このゆるぎない根幹を忘れることなく、今後も常にお客様にとってベストの住まいはいかにあるべきかを探求し続けてまいります。

代表取締役社長 小山英文

会社概要

会社名
新産住拓株式会社
代表者
代表取締役社長 小山英文(オヤマヒデフミ)
事業内容
注文住宅、クリニック、事業所、商業施設、リフォーム・リノベーション、不動産仲介、
建設業許可熊本県知事(特30)第14465号、宅建業許可番号 熊本県知事(5)第4058号
資本金
1億7,600万円
本社
熊本県熊本市南区近見8丁目9-85
TEL:096-356-1500
FAX:096-353-1521
フリーダイヤル:0120-096-112
E-mail:shinsan@shinsan.com
従業員数
134人
売上高

2015年度=46億8千万円
2016年度=41億円
2017年度=50億円
2018年度=51億円

グループ売上
2015年度=91億8千万円
2016年度=86億円
2017年度=99億4千万円
2018年度=110億円

関連会社
新産不動産株式会社(賃貸物件管理、不動産仲介)
株式会社九州住拓技術研究所(屋根工事施工、設備工事施工)
エコワークス株式会社
株式会社すまい工房
多良木プレカット協同組合

アクセス