二世帯住宅をお考えの方

HOUSING GUIDE

熊本で二世帯住宅をお考えの方へ

親世帯と子世帯が暮らしをともにする、二世帯住宅の住まい。
メリットが多い一方で、
「実際の生活はどうなるの?」
「建築費が相当かかるんじゃないの?」と、不安を感じる方も多いようです。

熊本の住宅メーカーである私たち新産住拓は、これまで県内で数多くの二世帯住宅を手掛けてまいりました。
これまでの経験をもとに、熊本で二世帯住宅をご検討いただく際のポイントを解説します。

二世帯住宅で良かった!
建ててわかったメリット

  • みんなで暮らせる
    安心感

    家事や子育てなど、
    毎日の暮らしを協力し、
    それぞれの負担を軽減できます。
    世帯どうしのふれあいは、
    お子様・お孫様の発育にも、
    高齢のご家族の健康にも、
    良い効果が期待できます。

  • もしものときの
    安心感

    病気のときや、
    生活のお手伝いが必要なとき、
    近くにご家族がいるのは心強いもの。
    もしものときに助け合えるのも、
    二世帯住宅のメリットです。
    また、留守になることが少ないので、
    防犯の面でも安心です。

  • お金の面での
    メリットも

    それぞれの世帯で
    家を建てる場合に比べ、
    建てるときの建築費も、
    毎月の光熱費も、
    節約できるケースがほとんどです。

二世帯住宅、
失敗しないためのポイント

注意!

ライフスタイルの違いが、ストレスになることも…

親世帯と子世帯では、生活サイクルも育ってきた時代も価値観も異なるもの。
小さなズレが積み重なると、将来、大きな問題になってしまう可能性もあります。

ポイント

ご家族に最適なスタイルで、ストレスなく暮らせる工夫を。

二世帯住宅は、生活スペースの共有方法によって、大きく4つのタイプに分かれます。
ご家族にとって最適のタイプはどれか、よく話し合いましょう。

生活スペースを共有する場合、間取りの工夫が、その後の暮らしを大きく左右します。
親世帯・子世帯それぞれがほどよく独立し、ほどよく交流できる配慮が必要です。
また、親世帯のスペースは、将来の負担を増やさないためにも、
最初からバリアフリーを意識することをおすすめします。

注意!

建てるときも、建てた後も気をつけたい「お金」の問題

親子といえども、早めに話し合っておきたいのが「建築費の負担」。
お互いの考えが異なったまま計画を進めると、思わぬところで計画がストップする可能性も。

ポイント

プロの意見を聞きながら、よく話し合いましょう。

まず大切なことは、今回の住まいづくりに必要な費用を正しく把握すること。
そのうえで、親世帯・子世帯それぞれの負担割合を相談しましょう。
信頼できる住宅会社のスタッフからアドバイスを聞きながら、最適な方法を見つけることをおすすめします。

建築費だけでなく、もう1つ話し合っておきたいのが、実際に暮らしはじめた後の生活費。
電気代やガス代などの光熱費、電話代、食費など、どのように分担するかも、新生活のスタート前に決めておきたいものです。

新産住拓が“熊本の二世帯住宅”を
お手伝いします。

新産住拓は、これまで熊本県内で
多くの二世帯住宅を手掛けてまいりました。
豊富な実績をもとに、
お客様の二世帯住宅もお手伝いいたします。

二世帯住宅のモデルハウスをご用意しています。

二世帯住宅のイメージをふくらませるためには、まずは実際の二世帯住宅をご覧いただくのがオススメです。
新産住拓では、熊本市南区のKAB住まいるパーク(KAB総合住宅展示場)に、
二世帯住宅のモデルハウスをご用意しています。

二世帯住宅ならではの間取り・設備の工夫をご覧いただき、ヒントを見つけてください。
また、二世帯住宅に関するご相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

モデルハウスにお越しいただく際は、事前のご予約をオススメします。
その際、ご質問・ご相談などをお知らせいただければ、お客様に合わせた資料をご用意いたします。

県内各地のモデルハウスでもご相談いただけます。

熊本県内各地の新産住拓モデルハウスでも、ご相談を承ります。
暮らし方のこと、間取りのこと、お金のことなど、どのようなことでも遠慮なくご相談ください。

モデルハウスにお越しいただく際は、事前のご予約をオススメします。
その際、ご質問・ご相談などをお知らせいただければ、お客様に合わせた資料をご用意いたします。